One Floor 平屋住宅のススメ
敷地に余裕があると、ぜひ平屋住宅をおすすめします。平屋住宅は、上下間の移動がないため住みやすく、平面計画の自由度も広く、また構造的にも安定し無理をする必要がありません。 屋根の形も自由にでき、どの部屋でも上部に窓を設けたり、小屋裏物置を設けることが可能です。
しかし、平屋住宅はお金がかかると思われがちです。屋根面積、基礎面積が2階建て住宅に比べて増えるため、坪単価が上がりやすいからです。 ところが、平屋住宅は階段、それに伴う廊下等の空間を作る必要がなく、2階建て住宅と比べて面積が少なくてすみます。だいたい3坪くらいでしょうか。 また、2階建て住宅と比べて、梁の大きさが少なくて済んだり、配筋量が少なくすみます。以上の点から、建物の大きさにもよりますが、総工事費としては2階建て住宅と差はないものとなります。

すべての居室を南側に配置
すべての居室を南側に配置し、日当たりを確保し、庭との関係を強いものとしています。

自由な天井高さ
屋根のこう配は自由になり、また天井の高さも自由となります。この例では4.5寸勾配の屋根としました。瓦屋根とすることが可能です。

通風の確保
建物には、風の入口と出口を必ず確保するようにします。これにより、心地よい風が建物内を通り、冷房機器なしで過ごせる期間を長くすることが可能です。

深い庇
深い庇を備えます。深い庇は、夏の強い日差しを遮り、冬の温かい日差しを建物内に取り入れる役割を果たします。また、建物を雨風から保護します。

高い断熱性能
屋根、壁、床に十分な断熱材を入れ、窓などの開口部のには、ペアガラスを用います。

風除室
玄関は風除室として、外の温度が建物内に直接影響しないように活用します。