Eco House エコな住宅の基本
エコな暮らしをするための、建築としての提案です。高知のような高温多湿の地域では、どんな住宅にも言えることですが、 「通風の確保」、「日差しの取り入れと遮断」、「高い断熱性」の確保の3つが基本的に必要な性能となります。風の入口と出口確保して、通風を確保すること。 冬の温かい日差しは取り入れて、夏の厳しい日差しは遮断すること。そして、内部の整えられた室温が外部に逃げていかないように、十分な断熱を施します。 これらにより、年間を通して、使用する冷暖房エネルギーを大幅に削減します。そして、自然光を照明として昼間利用します。 これに加えて、蓄熱をしたり、ソーラー発電を取り入れたり、エコな冷暖房機器を取り入れたりします。これらをどう効率よく、美しくデザインするかがエコ住宅の設計となります。
省エネルギーを図りながら、気持ちのいい暮らしをすることが最も重要なことだと思います。
ここでは、エコな住宅を作る時に取り入れるべき、特別お金をかけずにできる基本的な提案をします。
通風の確保 建物には、風の入口と出口を必ず確保するようにします。
これにより、心地よい風が建物内を通り、冷房機器なしで過ごせる期間を長くすることが可能です。
深い庇 南側に大きな開口部を構え、深い庇を備えることを提案します。
深い庇は、夏の強い日差しを遮り、冬の温かい日差しを建物内に取り入れる役割を果たします。
また、雨風から建物を守る役目を果たし、雨漏り、外壁の劣化などを防ぐ役目を果たします。
大きな開口部からの太陽の光は昼間の照明の代わりになります。
高い断熱性能 高い断熱性能を確保することで、建物内の温度が外気温に影響されて暑くなったり寒くなったりするのを防ぎます。
高い断熱性能を確保するためには、屋根、壁、床に十分な断熱材を入れることと、窓などの開口部の断熱性を上げることが必要です。
断熱の方法は、充填断熱、外断熱などいろいろなものがありますが、その建物の構造や形態、機能、予算などを考慮したうえで最適な設計を施します。
全館冷暖房 家全体の部屋の温度を同一温度に近づけることを提案します。例えば、居間が心地よい温度で、トイレやお風呂が急に温度が下がるような環境だと、不快感も激しく、健康にも被害が出ることとなります。
家全体で冷暖房を無理なくできるような作りをお勧めします。自然光や自然の風をうまく利用したり、空気を上手に循環させることで可能となります。
風除室の玄関 玄関に風除室としての機能を持たせることをお勧めします。玄関のドアを開けた時外の冷気や熱気が直接居住空間に入りこむのを防ぎます。また、玄関ドアは気密性、断熱性が低くなりがちなため、断熱効果も発揮します。
家全体の熱損失の低下を防ぐ役割を果たします。