Boid House 吹抜けのある家のススメ
吹き抜けのある家と聞くと、エネルギーロスの多い電気代、ガス代の多くかかる家と思われがちですが、うまく作ると、とっても住みやすくエコな家になります。 空気の流れ、自然光、通風を上手にコントロールすることで、明るく、開放的で快適な住宅となります。 ここにその一例を示します。今や吹抜けは効率的に気持ちの良い暮らしをするための、有効な方法の一つなのです。
これは考え方を示した例であり、実際は敷地環境、ライフスタイル、予算、法的環境を吟味した上で設計をしていきます。これと同じプランができることはありません。

吹抜を利用した全館冷暖房
吹き抜け空間を利用して、家全体の空気を循環させることにより、家の中の温度を一定とします。天井近くの暖かい空気を床下に送り込み、全体に循環させます。

吹抜けからの採光
吹抜空間を利用して採光をとります。2層分の高さから入る光は、建物の奥まで明るく照らし、家全体を心地よくします。

通風の確保
建物には、風の入口と出口を必ず確保するようにします。これにより、心地よい風が建物内を通り、冷房機器なしで過ごせる期間を長くすることが可能です。

深い庇
深い庇を備えます。深い庇は、夏の強い日差しを遮り、冬の温かい日差しを建物内に取り入れる役割を果たします。また、建物を雨風から保護します。

高い断熱性能
屋根、壁、床に十分な断熱材を入れ、窓などの開口部のには、ペアガラスを用います。

風除室
玄関は風除室として、外の温度が建物内に直接影響しないように活用します。