Material 土佐漆喰
高知で採った石灰石をコークスと岩塩で塩焼きをします。その石灰をスサと水でこね、節をつぶしてビニール袋に詰め、3ヶ月から半年ねかしたものです。それを職人が丁寧に壁に塗りつけていきます。塗りたての時は褐色の泥のような色をしていますが、乾くと独特の柔らかい乳白色へと変わります。
高知県内の色々な建築物に使用されています。この素材はそれ自体は強い個性を放つわけではなく、組み合わせる材料(木材、金属、ガラスその他)によって様々な表情をかもし出します。
ただ、酸性雨のシャワーを直接浴び続けると恐ろしく醜い姿に・・。雨が直接あたらないための工夫が必要です。